解凍方法

解凍方法には2つの説があります。

①じっくり時間をかけて解凍する方法はうまみが逃げない

②時間をかけすぎるとドリップが出て、うまみが逃げるので急速解凍がいい

大きく分けて両極端ですが、時間を含めてどちらも正解だと思います。

参考に解凍方法を4つご紹介します。

1.氷水解凍 お勧め!

 水は0度で凍り始めますが、食材は「-3℃から0℃」の間に凍る境界線があるのでその原理を利用して解凍する方法です。
最低限の温度で解凍ができるので食材のダメージを減らせます。

○肉の変質をおさえるので肉の鮮度が落ちない

○自然解凍よりも早く解凍できるので肉の繊維が壊れず味が落ちない

○ 流水解凍に比べドリップが1/3以下に抑えられるので旨みが逃げない

手順

①ボールに氷と水を入れ0℃に近付けた氷水を作る

②空気をしっかり抜いた密閉した袋に食材を入れて氷水に沈める

③食材が溶けたら氷水から出しすばやく調理する

 

2.流水解凍

手順

①空気をしっかり抜いた密閉した袋に食材を入れる

②ボールに食材が入った袋を入れ、水道水を流しながら解凍する(直接食材に流水がかからないようにする)

 

3.冷蔵庫解凍

冷凍庫から冷蔵庫へ移して、解凍します(約5~6時間)

目安は、指でおして少しへこむくらいがいいようです。

※冷蔵庫(プラス5℃~10℃)のため時間はかかりますが、ドリップが出ず、衛生的で、おいしさをのがしません

 

4.自然解凍

①食材を一枚ずつアルミトレーに並べます

②食材を並べたら、さらにその上にアルミトレーを重ねます

上下のアルミトレーがに熱を奪ってくれますので解凍が思ったより素早く進みます。

 

5.電子レンジ解凍

 調理をする直前に冷凍庫から出してきて、必ずラップを取り除いてレンジの中に平らに乗せて解凍をすること

(ワット数の調節できるレンジでしたら一番弱いワット数でかけてください)




解凍方法の比較