部位説明

部位

豚肉の効能

豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれています。
ヒレやももは脂身が少なく、低カロリー高タンパクで、ダイエット中の方やコレステロール値が気になる方にもお勧め!
疲労回復、滋養強壮、スタミナアップ、筋肉強化、免疫力向上、老化防止、血行促進

○肩ロース

赤身と脂肪が霜降り状になっていて、豚肉本来の深い風味を味わうことができる部位

焼き肉、生姜焼き、焼豚、とんかつ、煮込み料理等
 

○うで

肉のきめがやや粗く、少しかためで赤身の多いのが特徴。

煮込み料理全般
 

○ロース

赤身と脂身の割合がよく、キメが細かくて柔らかさの中にもムッチリとした歯ごたえが特徴の部位。

しゃぶしゃぶ、とんかつ、トンテキ等
 

○バラ

ロース以外のお腹の部分の肉のことを言います。別名・三枚肉とも言われています。

角煮、シチュー、酢豚、白菜と豚バラ肉のミルフィーユ鍋、肉巻きおにぎり等
 

○内もも肉

全体的に脂肪が少なく、肉質はきめ細やかでやわらかい。

焼き肉等
 

○外もも肉

肉質がかたくきめがやや粗い。

豚汁等
 

○ヒレ

豚肉の中で最上の部位。

トンカツ、ソテー等